直腸がんの初期症状を知ろう|直腸がんの症状や治療法を分かりやすくご紹介|直腸がんの基礎知識
直腸がんの基礎知識

直腸がんの初期症状と治療法とは

直腸がんにはどんな初期症状があるのでしょうか

直腸がんにどんな初期症状があるのかをみていきましょう。また、直腸がんの治療法や直腸がんにならない為の予防法なども合わせてご紹介しています。分かりやすく説明していますので、ぜひご参考くださいね。

直腸がんの初期症状を知ろう

下血

代表的な直腸がんの初期症状は「下血」です。この下血とは、肛門からの出血のことを指します。血管がたくさんあるがんの表面はとてももろく、傷つきやすいので便が通る時などはちょっとした刺激で出血をしてしまいます。痔をお持ちの方も便をする際に出血を伴うことがあるので、血便を確認しても痔と勘違いをして検査に来ない方も多いので、しっかりと検査を受けましょう。

血便が出ても強烈な症状は伴わない

痔の場合は痛みを伴い出血をすることがありますが、直腸がんや消化管系のがんは、強烈な症状は見られないことがほとんどです。しかし、出血する期間が続くと貧血になり、そこで初めて検査を受けるという方も多いようです。

まぶたの裏や顔色が白っぽい

まぶたの裏や回路が白っぽくなるのは貧血に見られる症状です。他にもめまいやふらつき、全身の倦怠感などが挙げられます。女性の方は貧血になりやすいので、特に気にせず過ごすこともあるので、血便と貧血を伴っている場合はすぐに病院に行って診てもらいましょう。

繰り返す下痢や便秘・極端に細い便

直腸がんが進行してしまうと、直腸内にできものが出来るので、便の通りが悪くなります。そのため細長い便が出てきたり、便秘や下痢を繰り返してしまいます。日頃から便の様子を見ることで、異常があった時に気づきやすくなります。

便潜血検査

直腸がんの検査で良く行われるものには、便潜血検査が挙げられます。専用の検査容器で便を採取することで、血液が便の中に混じっていなか調べることができます。

直腸がんの初期症状を知ろう

診察

直腸がんの治療方法

直腸がんの基本的な治療方法は決まっています。抗がん剤、放射線、手術の3つを組み合わせた治療を行っておきます。他のがんも同様に3つを組み合わせて治療を行います。手術ではがん細胞を取り除きますが、その際にがん細胞の周りも余分に取り除きます。そしてその周りのリンパ節も綺麗に取り除きます。しかし直腸がんは便を留める臓器ということと、肛門に近いということで、他のがん以上に配慮しなければならない箇所でもあります。

直腸の役割って?

直腸がどんな役割を果たしているのか普段意識することはあまりありませんよね?直腸は便を出す役割なので、2つの条件を満たさなくてはいけません。意識的に便を出さないようにすることと、意識的に便を出すことです。この条件が無いと人間は自分で排便をコントロールできなくなります。ではどうやってコントロールするのかというと、直腸の出口に肛門括約筋というものがあり、これは便が出来ないようにする役割を果たしています。また、便が溜まってくることによって直腸のセンターが反応し私たちは便意を感じることが出来ます。そして腸が活発に動き排便の準備をします。準備が整いトイレに入ると、肛門括約筋を意識的に緩めてお腹に力を入れ排便を行います。このような機能は生活の質を左右します。なので直腸がんの手術の場合、このような機能をどう残すかがポイントになります。

人口肛門

肛門や直腸を切除する時は「人口肛門」を検討します。直腸がんなどの治療では人口肛門を造らずに済む方法が一番いいのですが、人工肛門には大きなメリットもあります。それは排便管理がスムーズになることと、リンパ節が完全に切除出来ることです。排便管理については人工肛門を造り、袋(パウチ)のようなもので排便をコントロールできます。そうすることによって日常生活で便に悩むことが無くなります。
肛門を残して手術を行うと肛門側のリンパ節を綺麗に取り除きにくいので、がん細胞の根治性を確保するためにも人口肛門を選択する方は多いです。しかし、この人口肛門は一人で決めるには大きな選択なので、セカンドオピニオンを受けられる方もまた多いようです。ご自身が納得のいく治療法を様々な意見を参考に見つけていきましょう。

直腸がんの予防法

喫煙率や食の欧米化に伴って直腸がんの患者は増えているのが現状です。これを考えると、食事内容を和食中心にするなどの食生活の見直しや禁煙をすることが予防法として重要です。また、近年では脂肪の蓄積によって消化管のがんを誘発するという研究が発表されています。なので、普段からバランスの取れた食事を心がけ、メタボにならないような生活を送りましょう。